Profile of Initiator

発起人プロフィール

MIRO ITO 伊藤みろ
フォトアーティスト・映像作家、著述家、文化芸術プロデューサー(メディアアートリーグ代表)

ヴェネチアビエンナーレ・ダンス部門(2006) の公式ポスターに作品が選ばれ、アメリカ・日本・ドイツの三つの文化圏を股にかけ、フォトアーティスト・映像作家として、世界12カ国で30回以上の個展開催。国内外の専門誌・メディアでの紹介多数。

ドイツで永住権獲得後、2001年にアメリカで永住権を取得。NYで体験した9.11同時多発テロ事件を契機に、「いのちと祈りの人類遺産」をテーマに、奈良を中心とした日本の有形無形の世界遺産や国宝、重要文化財を撮り下ろした写真作品による展覧会開催、ならびに映像作品監督を手がける。美学研究家・著述家として、多数の著作があり、文化芸術プロデューサーとしても活動している。

国連日本政府代表部・外務省在外公館・国際交流基金や日本カメラ財団等との共催にて、世界巡回展「光と希望のみち」「隠し身のしるし」を世界主要都市で開催し、シカゴ大学をはじめとする北米や南米の名門大学や、海外の国立美術館・博物館・文化機関での講演活動を展開中。

慶應義塾大学 (美学美術史学専攻) を卒業後、ドイツ国立ルール大学で芸術哲学、同ドゥイスブルク・エッセン大学(旧Folkwang Hochschule) で写真と応用美術を学ぶ。ドイツジャーナリスト連盟(2001年まで) ・日本写真協会 (元「東京写真月間」製作委員)・NYアートディレクターズクラブ会員。

♢ムービー監督作品:「いまに生きる奈良」(製作:文化庁クラスター事業「いかす・なら地域協議会」)

♢ショートムービー監督作品:「世界史のなかの聖徳太子〜煌めく叡智と美意識」「崇高なる勇姿の極み 国宝四天王像 東大寺〜唐招提寺〜大安寺〜興福寺」「伎楽 仮面の道」「盧舎那仏の光の道 大仏さまは生きている」「仮面のいのち 春日大社の舞楽 春日若宮おん祭の舞楽」

♢個展 (開催場所):ペルー日系人協会(リマ)、チュニジア国立バルドー美術館(チュニス)、ビザンチン・キリスト教美術館(アテネ)、メキシコ国立世界文化博物館、リオデジャネイロ郵便局文化センター「日本月間」、在シカゴ日本総領事館、国際交流基金トロント日本文化センター、カナダ日系文化会館 、欧州評議会+欧州の広場 (ストラスブール)、ウズベキスタン芸術アカデミー、NY国連本部、Canon EXPO Tokyo 2010、 ニューヨーク公共舞台芸術図書館、日本カメラ財団、キヤノンSタワー、キヤノンサロン、フランクフルト日本文化週間、ハンブルク写真の夏、ツァイトフォトサロンほか

♢コレクション:ニューヨーク公立舞台芸術図書館、日本カメラ財団、東大寺ミュージアム、春日大社国宝館、国際交流基金トロント日本文化センター、メルクベーク財団 (アムステルダム)ほか

♢著書:『隠し身のしるし( Signs of the Intangible)』(2022年3月刊行予定)『心のすみか奈良 いのちの根源なるものとの出合い』『萬歳楽 大きくゆっくり遠くを見る—野村万之丞作品写真集』『日本の家紋と姓氏 伝統美と系譜』『フォトグラファーズバイブル』『極意で学ぶ 写真ごころ』(「アサヒカメラ」連載のまとめ)『魅せる写真術』(日本図書館協会選定図書)』『デジタル時代の写真術』(日本機械学会100周年記念事業、共著)『ヨーロッパ 官能のヴィジョン』(編著) ほか

メディアアートリーグ公式サイト: mediaartleague.org

(更新:2022年3月)

東大寺国宝・春日大社の重要文化財を、写真掛け軸作品として紹介する、世界巡回展「光と希望のみち」広報イメージ
外務省ペルー日系移民120周年記念事業 共催:ペルー日本国大使館、ペルー日系人協会、日本カメラ財団、メディアアートリーグ 
後援:日本ユネスコ協会連盟、奈良県ビジターズビューロー 
(写真は東大寺の奈良時代の国宝・重要文化財、撮影:MIRO ITO)