How It Works

「本物の日本遺産イニシアティブ」の仕組み

「本物の日本遺産イニシアティブ」では、日本文化を通していかに世界に貢献しうるかを最も大きな使命としています。

私たちの強みであり鍵となるのは、1400年の長き伝統を有する日本の精神文化、ならびに東西交流の歴史的遺産に光を当てる独自の視点です。アートを主体に、国際的な連携チームとともに、ひとびとの心の連帯を訴える「メディア=アート+メッセージ」を制作し、発信する活動を行っています。

もとより日本文化が普遍性を持ちうるのは、ユーラシア数千年の歴史に由来する有形無形の文化遺産に根ざしているからです。 そこから東西・南北をつなぐ「叡智のみち」の意義を浮き上がらせることができるのです。

「本物の日本遺産イニシアティブ」では、また奈良を中心とする有形無形の世界遺産、国宝、重要文化財などの、比類なき日本の文化遺産の保存と共有のために、成果物(画像や書籍、写真作品など)の寄贈活動を行っています。

美術館や図書館、在外公館、財団や公益法人、研究・教育機関、国際メディア等と連携しながら、中期的に財団設立を目指しています。

日本文化の伝統力を、国際的な視野から次世代につなぐために、協働いただだける各種団体からの基金や助成金、公益的な視点での協業につきましては、皆さまからのご協力に心から御礼申し上げます。

また「本物の日本遺産クラブ」賛助会員やイニシアティブクラブメンバーをお誘いさせていただきたく、ご支援ならびにご参加をお待ち申し上げます。

「本物の日本遺産イニシアティブ」は、連携する「メディアアートリーグ」とともに、プロジェクト毎の専門家チームを組織し、出版事業、映像作品の制作や展覧会等のアートプロデュース、講演会・イベントなどの文化事業プロデュースを主体に、世界に向けて質の高い日本文化の広報活動を行います。同時に日本の比類なき文化遺産の保存と共有のために、成果物の寄贈活動を行なっています。